裂織 - さきおりとは

シルクや木綿の古布を裂いて横糸にし手織りする織物の事を裂織(さきおり)と言います。
柔らかな手触りと、深みのある色合いが特徴です。
テキスタイルスタジオ村上では、裂織教室やワンデーレッスンも行っています。

青森県指定伝統工芸品
「津軽裂織」の新しい出逢い

津軽では裂織を津軽弁で「サクリ」といいます。
北前船の寄港地だった津軽半島では、漁師たちが「さぐり」と呼ばれる、藍色でなめらかな手触りの仕事着を着ていました。

テキスタイルスタジオ村上は、
江戸時代から織り継がれてきた津軽裂織を
現代のテイストで織り継ぐサクリの工房です。

TsugaruSakiori designated as traditional art by Aomori-prefecture

In the Tsugaru region, we pronounce ‘Sakuri’ for Sakiori(裂織).
In Tsugaru Peninsulas which was an anchoring site for Kitarnae-bune, fishermen were wearing smooth-textured indigo blue working clothe, which was called ‘Saguri’.
‘Sakuri’ dating from the Edo period,used torn fabric as woof, has a unique smooth feel and deep fascinating colors. Textile studio Murakami is a craft center, which weave tradition with modern taste.

Sakurix津軽塗

Sakuri Tsugarunuri

津軽塗は元禄時代から作られてきた
経済産業大臣指定伝統的工芸品の漆器です。
素地から塗り、研ぎ、磨きを繰り返し
約48もの工程を経て完成される堅牢優美な
漆塗り、研ぎ出し変わり塗り技法が特徴です。

バッグの持ち手は色漆の断層が美しい斑模様の「唐塗」、
艶消しの渋い色合いの「紋紗塗」 などで作っています。
津軽裂織の光沢のある独特の色合いと
持ち手の美しい模様が魅力です。

制作工程

木地固め→布着せ→地付け→仕掛け→彩色→荒砥ぎ→炭はぎ→摺漆→艶付→上塗→完成

Sakurixエゾシカ革

Sakuri Ezoshika leather

北海道に生息するエゾシカの革は、
森を走り抜けた時についた傷や
皺の跡などが残り、
革本来の風合い を生かした素仕上げ。
裂織とエゾシカ革の手触りの良さに
こだわりコラボレーションしました。

制作工程

津軽裂織で名刺を入れる部分を作る→裂織の色に合わせて革を選ぶ→自然なカーブを取り入れたデザインにする→名刺入れのサイズに切る→革用の針と糸で手縫いする→完成

Sakuri+青森ヒバ

Sakuri Aomorihiba

青森ヒバは天然の抗菌効果を
持つヒノキチオールを含み、
爽やかな香りがストレスを 和らげます。
愛らしい色合いの裂織と
青森ヒバがコラボレーションした
青森ヒバ林檎針刺しは、
アロマインテリアとしても
お楽しみいただけます。

制作工程

原木の乾燥→寸法に合わせて原木を切る→木の余分な部分を切り取る→ろくろを回転させ鉋で削る→穴を開ける→サンドペーパーで磨く→つる(軸)を付ける→完成

Sakuri+あけび蔓

Sakuri AkebiTsuruzaiku

愛らしい色合いの裂織ブローチ
を同じく青森県の伝統工芸品である
「あけび蔓」で仕上げ ました。
ペンダントヘッドとしてもお楽しみいただけます。

制作工程

蔓の選定→陰干し乾燥→水に浸す→節取り→縁編み→端切り→仕上げ→完成

Profile

村上あさ子津軽裂織伝統工芸士
1978年
東京テキスタイル研究所基礎科卒青森市にて創作活動を始める
1988年~1995年
青森県内外で個展グループ展の活動
1996年
青森市高田に工房テキスタイルスタジオ村上開設
2000年
工房に裂織教室開設
2003年
あおもり伝統工芸・クラフト展デザイン賞受賞
2004年
あおもり伝統工芸・クラフト展金賞受賞
2006年10月11日
青森県津軽裂織伝統工芸士に認定
2014年4月26日
MUJIAWARD INTERNATIONAL DESIGNCOMPETITION in CHINA 04入選
2014年10月
2014 青い森の良品企画発掘コンペティション優秀賞受賞
2014年11月
青森市匠の職人表彰受賞
2015年
青森県卓越技能者表彰受賞
津軽裂織札幌教室開催
2016年
東京ミッドタウンガレリア 3F THE COVER NIPPON にて青森展参加
青森市・蓮田村・函館市・札幌市にて教室開催及び東京・大阪・盛岡ほか。青森県内外で個展グループ展の活動
2017年
東京ミッドタウン青森展参加
函館・東京など青森県内外で個展グループ展の活動
2018年
大阪府河内長野市にて個展、他、東京・札幌にて個展グループ展。
パリ「Discover Japan Paris」にて作品展示
2019年
千葉県市原市ギャルリ梦心坊にてグループ展
東京インターナショナル・ギフト・ショー春 2019 参加

雑誌掲載

1998年
布の贈りもの 文化出版局
2003年
季刊銀花 冬 文化出版局
和樂12月号 小学館
2011年
新裂織に遊ぶ マリア書房
2012年
裂織 マリア書房
2013年
nid( ニド ) エフジ―武蔵
2016年
日経トレンディ

他多数

村上始津軽裂織伝統工芸士
2000年
青森市高田朝日山809-256において
テキスタイルスタジオ村上工房及び店舗開設
青森市・蓮田村・函館市・札幌市にて教室開催
2003年
あおもり伝統工芸・クラフト展デザイン賞受賞
2004年
あおもり伝統工芸・クラフト奨励賞受賞
2008年
村上始 青森県津軽裂織伝統工芸士に認定
2018年
大阪府河内長野市村上あさ子裂織展に賛助出品
2019年
千葉県市原市ギャルリ梦心坊グループ展

1985 年以降、個展グループ展の開催